たみ丸手作リスト:簡易陳列台のリニューアル~♪

 

簡易陳列台のリニューアル~♪

簡易陳列台のリニューアル~♪

ミシンの脚卓で簡易陳列台を作っていたけど、ちょっとそれをまた改造してみた
   <改造前>
    ↓

027_20150819215302729.jpg

これは、ミシンテーブルの板をネット素材に代えて軽くした物で上に生地を入れた箱を乗せてあったけど
今度は、在庫処分で幅の長い反をまとめ売りしたいので、長い反を入れられるように改造~
とにかくある材料を駆使して作るので、あんまり格好良くないし。。。。
それに、道具も無くて。。。。
ハンマー↓が重いんだよね~ 私の細腕には。。。
001_20170323091816a77.jpg 002_20170323091817d21.jpg
1.5kg近くあるから、片手で持つと重くって。。。。
シティーハンター ハンマー

 シティーハンターのこのハンマーみたいだ

すのこと、板材とネット板と配管パイプを使って、結束バンドと紐と釘で固定
003_20170323091819c17.jpg 004_20170323091820552.jpg
簡易的に作ったPOPを取り付けて
005_20170323091822103.jpg

一応出来上がったけど。。。。
このPOP。。。 素材が柔らかくて風でちぎれちゃったから、また作り直しだな
前側のネット部分も、柔らかくて、生地の重みで湾曲してきちゃうから、板を当てて修正する事になった
何でも一発勝負というのは難しいものだな




関連記事

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

なるほど

そうかぁ、ゲンノウという呼び名ですね!
人それぞれ物の呼び名に違いがある事は、さほど珍しくありません。
さすがに「トンカづち」と言う人がいた時には、思わず爆笑した事があります。

小学生時代の同級生が大工の息子だったので、当時の僕はその家からいろいろ知識を得ました。
前に言いましたが、カンナを斜めに構えて削ったり、ノコギリの縦目横目とか他にもいろいろ。
ちなみに、ゲンノウの両端は前投稿に書いたとおり面に違いがあり使い分けます。
釘打の初めは平らな面で打ち最後に凸面を使うという事で、これは中学校の技術科で習いました。

ところで、「ぼっこし大工」って知っていますか?
こちらでは、たいそう腕の悪い大工やロクに仕事が出来ない者を呼びます。
「ぼっこし」=「ぶっ壊す」の言い換えだと思うのですが、僕はたぶん「ぼっこし大工」の部類かと思います。
ん~~、能書きはそれなりに言うのですが・・・

yuz様 あれれ???

yuz様にコメント頂いて、あれれと思ったのです~~;

まあ確かにこれが釘を打つ為の物だとは、思っていなかったんだけど
これの名称が。。。。。
『げんのう』って言う物だと思っていましたから・・・・

釘を打つのは『かなづち』とか『トンカチ』と言う物で
この形状の物は、亭主曰く『はつり』に使う物で『げんのう』って言うんだと。。。。
地域によって呼び方が違うのかと思って、知恵袋で質問したんだけど
親切な方が数名、ご回答くださいました^^

長くなりそうなので記事に書こうと思います(^ν^)
いつもながら、ご親切に感謝します(^ν^)

yuz様はお料理の道具なんかもちゃんとした物を色色お持ちでいらっしゃるから
きっと大工道具も色々お持ちなんだろうなあと思いました(^ω^)

それゲンノウではありません

もしもそのハンマーで釘を打つのなら、使い道が違いますよ。
この際、釘打用にゲンノウを買ってみたらいかがですか?
片面が平らで、もう片面が僅かに凸になっているカナヅチです。
あと、下穴を開けるキリも必要ですね。

道具選びが正しくないと、怪我をしたり対象物を破壊したりロクな結果になりませんよ。
ちなみに僕は木工作が苦手で、何一つマトモに作れた事がありません!
もちろん適切な道具を使っているのですけど・・・
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

キーワードで記事を検索