たみ丸手作リスト:思い込みの変換て難しいものだな

 

思い込みの変換て難しいものだな

思い込みの変換て難しいものだな

ずっとこうだと思っていた物が違ってた時の頭の中での修正が難しくなってる
頭が固まっちゃてるのか。。。。

先日のこの道具↓
001_20170323091816a77.jpg

どこでそう記憶していたのか、きっと亭主からの聞き覚えだったんだと思う
これを、『げんのう』って言うものだと思ってた
違うと教わったものの、それで頭混乱
地域によって呼びかたが変わるのかなと思って、一応、いつもの知恵袋で尋ねてみた


   <Q>
げんのう1

 <A1>
げんのう2

<A2>
げんのう3

<A3>
げんのう4

<A4>
げんのう6

<A5>
げんのう7

それにしても。。。
Aさんだと思ってた人が、Bさんで、Bさんだと思ってた人が、Aさんだったって。。。
そうだった場合、頭の中で変換するのは、難しいものですね 
関連記事

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

yuz様

> コペルニクス的転回のような話になって、混乱させてすみません。
  ↑
ああ。いいんです(^ν^)
私の頭はしょっちゅう混乱しますので(^ω^)
でも、気まぐれなので、すぐにリセットできますから。。。

物には名前がないと不便
でも発信側と受け取り側が、違う物を認識してるとうまく伝わらないと言うことでしょうね~

亭主は頑固だから、今後もきっとあれを『げんのう』って呼ぶことでしょう(^ω^)


知恵袋ですね

コペルニクス的転回のような話になって、混乱させてすみません。

ともかく、まずは槌というT字型の柄の付いた叩く物が始まりで・・・
その頭の部分が木製なら木槌で、金属なら金槌カナヅチという事で。
それでもって、大工が釘打に使うカナヅチがゲンノウという物だと僕は考えています。

ゲンノウという名前の由来はともかく、ゲンノウって言い易いからじゃないかと思うのです。
実際に僕ならカナヅチと発音するよりも、言い易いですから。
ノコギリも「ノコ」って略して言う事があると思いますが、それと同じような感じかなと。

職人気質がどんなのか知りませんが、なんとなく気短でぶっきら棒な?
グズグズやっていられるかと言うような、何でも手早く済ませる性格に思えてしまいます。
もしそうなら、言い易い呼び方をすると想像できます、もちろん僕の勝手な思い込みですが・・・
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

キーワードで記事を検索