鮎釣り

鮎釣り

徳島には、↓これだけの川釣りの漁協があって

徳島 漁業組合1



 ←クリックで大きくなります

釣り客が集中しないようにか、解禁日が少しづつ、ずらしてあるらしい
ちなみに、自称釣り名人 の亭主から聞き出してメモっておいた情報では。。。

①那賀川上流(木頭/木沢)→ 7/1
②勝浦川全域        → 6/15
③吉野川、那賀川、海部川、鮎喰川 下流は→ 6/1


  以上がそれぞれの鮎漁解禁日のようだ

ちなみに。。。 鮎釣りには費用がいるのね
詳しくはこちら↓
http://www.kiddy.co.jp/ayunip/kaikin/tokusima_k.html

今年は雨が少なくて、亭主は解禁日直後の誕生日休暇を取らずに、
少し川の水が増えた頃に、出掛けていったようだ
今年2度目の鮎の釣り果が↓ね 


005_20170719070725d29.jpg

そうして、↓ は、おまけ画像 弟の釣り果の一部(もらってきた物)です

002_2017071907104016d.jpg
関連記事

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

yuz様 鮎の姿寿司

yuz様、こんにちは~

台風、お陰さまで今回も大丈夫でしたよ(*^^*)
ご心配下さって有難うございます。

あの日、主人は、お客様のところに修理に出向いて行ったんだけど
何と!お客様、避難してしまっていて留守だったらしくて、工場は開けっ放しだったので
一応、その場で電話して、お客様の承諾を得て、入って修理して来たと行ってました^^”

それと。。。
yuz様からコメント頂いて、あれっ?と思ってまた画像検索したら
   ↓
http://www.geocities.jp/yuz0501/susi_resipi/ayususi.html
このサイトに行き着き、見たら、これは腹開きになっていて。。。。
文面が↓

腹開き、内蔵えらを取る。背骨を取り、頭を開き、鮮度がよければ背開きにします。
氷塩水で洗います。
祝いには切腹はいけないといいますが。。。

こう書かれていました。

主人に聞いても、腹開きは『切腹』に繋がると縁起が悪いからしないんだそうですね~

なんだか、色々と面白いものだなあと思いました(*^^*)

先に紹介の姿寿司の画像、確かに丸っこくって可愛いですね?
あれは、ごはんがでっかいからだと思います(*^^*)

台風

大雨の台風ではご無事だったようですね。
ふとツイッターを見たら、避難勧告だか何やら出たと書いてあり。
その後は通常の記事になっていたので、大事にならなかったのだと思いました。
僕の方は、少し風が強くなり小雨が降った程度でした。

ちなみに、僕はツイッターはやっていませんから。
たまに検索でツイッターがヒットして見る事がありますが、思ったように操作できずに困ります。
しかもコロコロと仕様が変わるようで、扱いにくいと感じています。

さて、鮎の姿寿司が丸っこくて、元のスッとした鮎の体型との違いに驚きました。
というか、思わず笑ってしまいました。
なんだか、このような感じの小動物がいたような気がしてなりません。

yuz様

> 毎年、夏のブログ記事に鮎が登場するたびに、うらやましく思っています。
    ↑
 有難うございます(*^^*)

> 前にも言いましたが、こちらの川はそちらとは全く異なります。
> 石がなくて、どこもかしこも砂から出来た岩で・・・
    ↑
それって、不思議ですよね(*^^*)

> ところで、川魚の生食は寄生虫問題があり危ない食べ方です。
    ↑
 そうかもしれませんね~
亭主も、そんなことを言ってたような。。。。
刺身では食わないとか。。。食ってはいけないとか。。。。

> 今の時代は養殖物しか生食をしないと思いますが、昔の僕は川の鯉を洗いにしていました。
> でも、ごくたまにしか生食をしなかったので、難を逃れていたのかもしれませんね。
    ↑
何事も無く済んでよかったですね(*^^*)

> やはり、鮎は焼いて食べるのが一番かと・・・
    ↑
確かにそうですが。。。。
姿寿司にすることもありました
    ↓
http://blog.goo.ne.jp/holoholo3/e/c457bdbfbae7fdcc56565200f836d377
    ↑
このブログの方も書かれていますね
こんな感じです(*^^*) 

うらやましい

毎年、夏のブログ記事に鮎が登場するたびに、うらやましく思っています。
前にも言いましたが、こちらの川はそちらとは全く異なります。
石がなくて、どこもかしこも砂から出来た岩で・・・

ところで、川魚の生食は寄生虫問題があり危ない食べ方です。
今の時代は養殖物しか生食をしないと思いますが、昔の僕は川の鯉を洗いにしていました。
でも、ごくたまにしか生食をしなかったので、難を逃れていたのかもしれませんね。

鮎酒なんてのもありますが、美味だとは感じませんでしたし。
どちらかと言うと、二度目はないなという思いでした。

やはり、鮎は焼いて食べるのが一番かと・・・

yuz様 毎日暑いですね('A`)

> オマケは唐揚げサイズですね・・・
   ↑
粉をまぶして、揚げて半分南蛮漬けにしました(*^^*)

> こちらでは、6月に釣り、7月に投網が解禁だったと思います。
> 僕はどれもやりませんが、地元の人は長い竿に短い糸をつけた毛ばりで釣る人が多いかと思います。
    ↑
私も釣りをしないからよくは解らないけど、釣り用語はよく聞かされてるので、聞き覚えがあります
今は友釣りで、しばらくしてから、ころがし漁が出来て、最終的には投網で一網打尽
だったかしらね。。。

また、聞いておきますね(*^^*)
ダムに残された鮎もいるようだけど産卵しないと死なないから、頭でっかちのザラザラした
何年物の鮎がいるとか。。。。

水の綺麗な上流の鮎じゃないと旨くないとか言ってます

> 鮎、食べたいですねぇ。
> 天然物なら釣りたてを、洗いで頂きたいと思います。
   ↑
洗いでですか~?それは思いつかなかったなあ
今回のは、焼いて食べて、残りは亭主が飴炊きにして食べちゃいました(*^^*)
沢山釣れたらお分けしたいな(*^^*)

唐揚げサイズ

オマケは唐揚げサイズですね・・・

こちらでは、6月に釣り、7月に投網が解禁だったと思います。
僕はどれもやりませんが、地元の人は長い竿に短い糸をつけた毛ばりで釣る人が多いかと思います。

鮎、食べたいですねぇ。
天然物なら釣りたてを、洗いで頂きたいと思います。

タケちゃんマン様

こんばんは~
そうですよ~ 鮎のシーズン到来です^^b

友釣りは考えてみると、結構残酷な釣り方なんですよね~
おとりの鮎は可哀想。。。
体に針を刺されて行きたくもないところで無理に泳がされ、仲間に追われ傷付き
弱り果てるまで、こき使われて、仕舞いには食べられちゃう

ごめんね~ って言いながら。。。。
塩焼きに、してますけど・・・・

NoTitle

今晩は~~~~

素晴らしい~~~~凄いね~~~~
もうこうした時期なんですね~~~~
アユ釣りは 「友釣り」とかいう方法ですよね~~~~
大きな鮎ですね~~~ アユごはん・・・美味しいんだってね~~~
ちなみに私は アユの塩焼きが好きです・・・・(勝手に食い気・・出す・・苦笑)。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

キーワードで記事を検索