たみ丸手作リスト:ミシンのチョイス

 

ミシンのチョイス

ミシンのチョイス

ちょっと縫えたらええから、あんまり使わんし。。。
雑巾ぐらい縫えたら。。。。 めげんのんがええ
あんまり厚いん縫わんし。。。 簡単に使えるんがええ
軽いんがええ

まあねえ、解らんでもないけど、難しいよね
雑巾って、タオル生地。。 これ摩擦抵抗おっきくて進みにくいし
めげんミシンって言うのも、使い方しだいな面もあったり、機械もんだし、当たり外れあるしなあ
厚い生地でなくても、何枚か重なったところは厚くなるから押えの下に入らなかったり、進んでいかなかったり
電子制御のは確かに操作は簡単になってるけど、故障のリスク、電子部品の供給切れ、修理費用の問題
コンピューターミシンの自動糸調子機能は、結構な確率で年数行くと壊れるし、やっかいだしなあ
軽いのは、ともかく縫ってても頼りないしなあ

そう言ってたら、ミシンなんて選べない
妥協かな ある程度

今は地縫いは工業用の自動自動糸切りミシンか、家ではJUKIのシュプールの糸切り付き
あとはロックミシンベビーロックのBL69WJ と 刺繍用のパッソ と 
漢字の刺繍用にブラザーの名前忘れちゃったミシン(*^^*)
あと、随時、そこらへんに転がってる中古ミシンをチョイスして使ってる

考えてみると、最近の家庭用ミシンて言うのは、凄いなあと思う
あの小さなボディーに盛りだくさんの消費者からのわがまま要求を取り入れてあって。。。。
コストも安くなってるから、使い捨て感覚になるかな 
まあ、製造業であるメーカーとしては、どんどん新しいのに変えていってもらわないと成り立たないし
昔のミシンは、造りも丈夫でお手入れもシンプル、機種によっても違うけど、上軸、下軸、給油やお掃除も
簡単に出来たけど、今は、カバーを取り外すのもやっかい、プラスチックは劣化するから
下手するとパリンっって、いっちゃうからね

家庭用の1万円クラスのミシンもアマゾンで見てみた
蛇の目 JN508DX - コピー シンガーミシン画像 - コピー

フットコントローラー付きって言うのはいいんだけど、精度はどうなんだろうなあ
低速がスムーズに取れるのかが、心配な点になる
針目の大きさも無段階に変えられないし。。。。
私は手がおっきいし、ちょっとサイズ的に嫌かなと思う

ミシン5種2

この②はよく見てないけど、この中だと①か⑤かなあ 大きさ的には。。
オートのボタンホールは便利だし、実用縫いもこれで十分、
①は垂直釜で⑤は水平釜
ボビンケースを使うタイプかいらないタイプか・・・
色んな種類の糸を、使うんじゃないなら水平釜でも十分だけど、内釜がプラスチックなのは下手な人だと
ズタズタにしそうだなあ。。。と思う。
フットコントローラーもあまり良くないのもあったりする
スピード調節が出来にくい物もあったし。。。。
⑤のミシンのフットコントローラーは、おばあちゃんの人でも使いこなせていたから、大丈夫そうだな

納品2 - コピー

昨日に、しっかり、確認しておいた(*◕ᴗ◕*)
この日、こんなのを縫いたいから縫い方教えてってハギレ出してこられちゃったから
裏付きの巾着袋を裁断するところから、最後の紐を通すところまで、御指導することとなり
ミシンの説明+手作り講習まで。。。。 しっかりさせて頂いた
生地は薄くても、表と裏のマチの部分を止めつける時には、かなり分厚く生地が重なるから、
ちょっと馬力不足で唸っていたけど、まあ、このクラス辺りだとまあ、仕方ないかなと。。。。

私としては、今は作られて無いけれど、中古でも足踏みミシンがいいかなあ
(出来れば押さえの上がり量が大きい職業用の物)
災害時でも電気無くても自力で動かせるし、丈夫だし
出来ればジグザグ縫いが出来てバックがレバー式でなくてボタン式の物が操作がやりやすい
それにモーターを取り付けておけば両刀使いになる
欲を言えば、2ポジションのモーターを付けておけば、凄く楽チンになる(*^^*)
今の自動糸切りミシンを手放したら、それを使おうかなと思う。

それに、ベビーロックのロックミシンと、出来れば、ブラザーの刺繍用のミシンも欲しいよねえ


関連記事

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

yuz様 ん?

> 人の手が針を持ち縫うのは、そんなに力は要らなかったのに。
   ↑
たまに手縫いすると、かなり針が布を貫通させるのに苦労して
指貫きとか時には、テーブルで針の背(?)をぐっと押して縫ったりしますよ
力や速さではミシンにはとても敵わない
でも、ミシンではできない箇所は、手縫いするしかないですから。。。

可笑しいね

大掛かりな仕掛けの、重いペダルを踏んだ。
カチカチで冷たい鉄の塊に違いないミシンが、何をするのかと思ったら・・・
何トンものすべての力が、あの細い針先に集まって薄布を縫うとは。

人の手が針を持ち縫うのは、そんなに力は要らなかったのに。

ありがとうございました

リンク先の記事も読んで、多少なりとも理解が進みました。
二台目、三台目と買い進む事はないと思いますが、まずはコンピューター無しのミシンを買います。
コンピュータ式との価格差はともかく、自動制御なしの方が技量の違いが分かりやすいと思ったから。
僕の事だから上手く出来ないときっと癇癪を起こして、未熟を機械のせいにして収めそうな気がします。
そのような時にはシンプルなミシンを使っていれば、己の技量不足だと嫌でも自覚するでしょう。
まぁ、職人になろという訳でもなし、簡単に縫える方が良いと思っていますけどね。
ただ自家用ならコンピューター式でなくとも、それほど変わらないと思いました。

僕はYシャツもろくに畳めない人間なので、何か形あるものを作ろなどとはずっと先の夢かな。
とりあえず、手縫いの繕いから抜け出せれば・・・

yuz様 どうかな 参考になるといいですが

普通のミシンは、針目の大きさ0~4ミリ(もしくは5ミリ)の間で無段階に変えられますが、
低価格の物は3種類くらいのうちからしか選べません。

> コンピュータ式の自動調整は、縫い進んでいる途中に補正が行われるという事でしょうか。
> 糸調子の変化を感知して自動調整されるなら、その時点の幾つかの縫い目に乱れが出るのですか?
   ↑
 糸を通していく時に糸取りバネに糸をかけていますが、そこで糸の張力を感知して、
電子的に糸調節が出来る仕組みになっていますので、普通は途中から狂うことは無いです。

> また、自動調整は糸のテンションだけで、送りや押さえの加減も変えるのでしょうか。
 電子制御のものは模様にあわせた送り量に自動的に変わる仕組みです。
押えの圧力はお安い物は加減が出来ないですが、普通の物は手動的に生地の厚さに合わせて
加減が出来るようになっています。

モーターのワット数は、ミシンによって多少の違いがありますが、
家庭用は、おおよそ60w程度 職業用は95W前後、工業用のは200W~400W
私は、あまりワット数を気にしないで、モーターの回転数によってパワーを判断していますけど。。。。
http://www.axeyamazaki.co.jp/forest/knowledge/index.html
ミシンに関しては、↑こちらに色々書かれています。
よかったら、お時間のあるときにご覧になられるといいかと思いますよ(*^^*)  

なるほど

針目の調節ですかぁ、ぜんぜん気にしていませんでした。
記憶違いかも知れませんが僕の家にあった足踏みに、針目の加減があった気がします。
紙に切り取り線を付けるのにミシンを使い、針穴の間隔を調節した気がするのですが・・・

コンピュータ式の自動調整は、縫い進んでいる途中に補正が行われるという事でしょうか。
糸調子の変化を感知して自動調整されるなら、その時点の幾つかの縫い目に乱れが出るのですか?
また、自動調整は糸のテンションだけで、送りや押さえの加減も変えるのでしょうか。

ところで、Amazonレビューを眺めるとジーンズ縫いが出来るかどうか問題にしている投稿がありました。
うまく縫えなかったので、ミシンの商品説明が過大な性能表現をしているとかね。
扱い方次第でなんとかもあるでしょうが、たみ丸さんの巾着の話からすると、やはりかなり厳しいかと感じます。
ミシンの機械強度はさておき、モーター馬力はどのくらいが必要なんでしょうね。
商品説明では、モーターの消費電力Wしか分からないと思いますが・・・
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

キーワードで記事を検索