たみ丸手作リスト:巻きのお直しは、いっつも寿命が縮むよ(~~;)

 

巻きのお直しは、いっつも寿命が縮むよ(~~;)

巻きのお直しは、いっつも寿命が縮むよ(~~;)

時々、頂く巻きのお直し。。。
スラックスのお直しと違って、巻きで仕上げてある物って、大抵が薄い生地。。。

巻きの場合は、カットしながら、細くかがっていくので、やり直しするためには、
丈を少し切りながら、かがるしかない。

狭いかがり幅の縫い方での始末なので、
ほつれやすい生地や外れやすい生地にはとても、神経を使う。
失敗は出来ない

お預かりしたのが、こちら。。。

   

巻きとはいえ、けっこうかがり幅は広く、目も粗い。
生地もほつれやすそうだし、巻きじゃなく、細ロックでいこう

それにしても、この縫いは、針穴も目立つし、メス切れも悪いなあ。

9番の新しい針に変えて、まずは、仕上げる位置に印し付け。。。

  だけど、今回のは、柄物なので、
  消えるペンの紫だと黒っぽいところは見えない




  黒っぽい所には、
  この消えるペンのホワイトを、使う。








   はずれるのが、心配だから、念のため..

   コレを使おう

    ジャ〜〜〜〜ン! 

   どこでもドア〜!

   いやっ 違った。。。

 一時硬化スプレー!



   粉を吹いて、生地を固くしてくれるんです

  ちょうどお餅に粉をまぶしたみたいに、粉粉になって、
  面白いでしょ?

  これで、準備OK!


   こうしていきながら、精神を集中。。。
   まずは、よく似た生地を捜してきて、ためし縫いを。。。

  


  う〜ん。。。。もうちょっと荒くかな? 他の箇所と揃えないといけないからな

  ってな感じで、神経使うでしょ?   今日だけで、10歳は年とった感じ。。。



  ちなみに、今日は、このミシン。。。。 ウエーブ69J  

  旧タイプのより、巻きが、細かく出来るようになって、
  なるほど、綺麗だ

  ちなみに、この縫い方は、俗に言う、巻き ではなく、
  細ロックで、やってみました

関連記事

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

キーワードで記事を検索