たみ丸手作リスト:ツバメ  ついに行っちゃったのかな。。。

 

ツバメ  ついに行っちゃったのかな。。。

ツバメ  ついに行っちゃったのかな。。。

一昨昨日の夕方、目一杯、た〜くさんのツバメが大終結して大空を飛び回っていた。

<object width="450" height="360"><param name="movie" value="http://photozou.jp/bin/vplayer/291077_1788800_45141251_e5c7de3d7478c52d57dcc2ddf9d8d0c8_45.667_ja"></param><param name="wmode" value="transparent"></param><embed src="http://photozou.jp/bin/vplayer/291077_1788800_45141251_e5c7de3d7478c52d57dcc2ddf9d8d0c8_45.667_ja" type="application/x-shockwave-flash" wmode="transparent" width="450" height="360"></embed></object>
2010年8月3日ツバメ posted by (C)tamimaru

そうして、その翌朝。。。それから、その翌日の朝も。。。。

<object width="450" height="360"><param name="movie" value="http://photozou.jp/bin/vplayer/291077_1788800_45141439_d136d80bb732a4cce8df13107ee3a7a9_61.867_ja"></param><param name="wmode" value="transparent"></param><embed src="http://photozou.jp/bin/vplayer/291077_1788800_45141439_d136d80bb732a4cce8df13107ee3a7a9_61.867_ja" type="application/x-shockwave-flash" wmode="transparent" width="450" height="360"></embed></object>
2010年8月5日ツバメ posted by (C)tamimaru

裏の田んぼで、6羽ほどのツバメが、一生懸命に、
飛ぶ練習なのかえさ捕りの練習なのか、飛び回っている

その中に、他のツバメよりも小さく、毛がまばらなのが、1羽。。。

一番後に孵ったツバメちゃんかな?
みると、必死に飛んでいて、思わず 『頑張れ~!』 っと叫んでしまった。

あんな飛行で他のツバメについて遠い所まで、飛んで行けるのだろうか?
けなげで、可愛くて、そうして心配で、涙がこみ上げてきたよ

そうして、今日。。。。もう、今朝は来なかったよ。。。行ってしまったのかな。。。

無事にあの小さい子は、飛んで行って、
また来年の春には、帰って来てくれるだろうか。。。。
関連記事

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

Unknown

お盆過ぎに河川の広いヨシ原へ「集団ねぐら」入りして
9月までそこで鋭気と体力を養うんでしょうね。

日本~フィリビン、マレーシア間の直線距離は約2000km超、2-3gの体重を増加させて渡りに備えなければならないそうです。

ネット情報
(巣立ちしたヒナが無事成鳥になるのはその内の20%くらいと推定されています。2羽のツバメが2~3回子どもを生み育てたとすると、5万わたってきて25万になりますが、南へ帰り着き、また、ここに帰ってくるまでに10数万が行方がわからず、来年もまた、5万ぐらいが渡ってくる。)

9月に入って一陣の秋風が吹いたのを合図に早朝日の出と共に数千、数万羽というツバメの群れが一斉にねぐらから南へと飛び立って行くのだそうです。

こんなメルヘンもありました。
(「集団ねぐらからいっせいに飛び立つ前に『見回り隊』というのがやってきてカラになった巣を確認して回り、巣立ちが確認できたら自分の羽根を一本抜いて、『ここにはもういないよ』と羽根を置いていく
実際に自分のうちの巣にも、秋になるといつも羽根が一本あるんですよ」)

「がんばれ~っ」て叫んでしまうたみ丸さんの気持ちに同感です。実にドラマチックで感動してしまいますね。

Unknown

イプシロンステラ 様:

こんばんは~♪
いつもながら超専門的な情報を有難うございます(^^)b
そうですか~まだ行ってないんですね?

まだ、あの未熟な子も、少しの時間の猶予があるんですね?

毎年飛んでくるツバメの数が同じと言うことは、生まれた数だけ死んでしまうということ。。。。
現実は厳しいですね(~~;)
可愛そうですが、大自然とはそんな物かもしれません。。。
亡くなる者がいないと、増えすぎて生態系がおかしくなるのでしょう。。。。

とはいえ、やはりあのおちび君には、無事に帰って来て欲しいです(^^)

メルヘンの話。。。
実際うちにも来たんですよ~♪
『見回り隊』。。。。。

ちょうど、このブログのプロフィールに、ツバメの空き家有と書いた頃だったので、

てっきり、ツバメの不動産屋が、ツバメのお客に
『こんな物件、ありまんのやけど。。。(^^)/』
って、見せに来ているのか、
それとも、巣に残っているのんきな雛はいないか確かめに来ているのかと色々連想しましたが、
やはり後者の方だったんでしょうか?

家の巣も、羽が飛び出していて、風でひらひらしていますよ(^^)v

3羽のツバメが飛んできて、家の巣をしきりに覗いていたかと思うと、行ってしまいました(^^)
観察すると、生き物とは神秘的で、面白いものです。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

キーワードで記事を検索