たみ丸手作リスト:溺れている雀の雛を、レスキューしました^^”

 

溺れている雀の雛を、レスキューしました^^”

溺れている雀の雛を、レスキューしました^^”

今日の夕方、Mちゃんが、川で溺れている雀の雛を、レスキューして来ました

Mちゃんが、濡れた体をドライヤーで乾かしてあげたら、体が乾くと、鳴き声をあげたり、
口を開けたりして元気になった様に、見えます

割り箸の先にお水をつけて、数滴、くちばしに、くっつけてあげました



桃ちゃん用のフェイクファー製の袋を円柱形の布ケースの中に敷いて、保温しておきました。

円柱布ケースの上は、開放型なので、上にやんわりと、布切れをかけて明かりを遮ってあげています。
その布ケースの下(外側)に、フリースで巻いたラビットヒーターを敷いてありますが、暑過ぎないでしょうか?

水分と餌、保温が心配なのと、便は親鳥がするように取ってあげなくてもいいのか。。。
あと、今後、親鳥や巣を確認出来ず、巣に戻せない場合、どうしたらいいのか。。。

川で、流されていたのを助けて来たらしいので、親を捜すのは、おそらく無理かと思います

お詳しい方、ご指導下さいますか?

どうぞ宜しくお願い致しますm(__)m


関連記事

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

Unknown

たみ丸さん、こんばんは~

雀のヒナちゃん、溺れていたんですね
助けてもらって良かったです
体が乾けば体力も回復しますね
たみ丸さんのおかげで、元気を取り戻して
本当に良かったです

体力が回復したのでまず第一番に、
ヒナちゃんを親に返すことを考えてみませんか

明日の朝明るくなったら、出来るだけ早くに
保護した場所の近くの安全な場所、少し上流が良いでしょうか
ヒナちゃんを戻してあげましょう
木の枝に止まらせてあげるのが良いかと思います
箱のようなものに入れて置いておいても親はやってきます

どのくらいの距離を流されたのかは分かりませんが
親スズメさんは、必死でヒナちゃんを探してると思います
ヒナちゃんの声は遠くからでも親は聞きつけて来ると思います
巣立ち雛ですので、巣に返す必要はありません
きっとヒナちゃんは頑張って親について行くことでしょう

人がそばにいると親が寄って来られないので
遠くからそっと見守るくらいにして
心を鬼にして、そばを離れてくださいね
鳥の行動範囲は広いです、きっと見つけに来るでしょう
しばらく時間がかかるかもしれませんがガマンです

さて、今日は、保護されてから、何を食べさせましたか?
緊急の餌としては、やはり、ミルワームだと思います。
ご飯粒は絶対に食べさせないでくださいね
そのうの中で発酵して、そのう炎を起こすことがあるとのことです
穀物を食べさせるのであれば、小鳥用の粟玉
野鳥用のすり餌もOKです

今夜はもうこんな時間ですので
今から餌を準備するのも出来ないと思いますが
今夜を無事に乗り切ることができましたら
明日朝すぐに、親スズメに返してくださることを
重ねてお願いいたします

それから、夜、一羽では寒かろうと思って保温しすぎると
脱水症状を起こすこともありますので、ご注意なさってくださいね
たぶん、ヒーターは外したほうが良いと思います

元気に朝を迎えることができますよう、祈っています

Unknown

たびたびすみません、追伸です

糞はそのままで大丈夫ですよ~

親に返すのは、親の動きが活発な朝のうちが良いと思います

可愛いですけど、人に育てられたヒナは野生で生きる術を親から学べないので、生き残る確率は低いです

飼育する場合は、許可が必要となります

親と再会できることを、心から祈っています

Unknown

大家様:

とっても早起きでいらっしゃって、夜は大変お眠いと思いますのに、とても親身で丁寧な回答を下さってお礼を申しますm(__)m

まず、今朝はヒーターをしたままでしたので、
とても心配でしたが、今朝確認をしたら
元気でいてくれました^^

ただ、Mちゃんが、すでにごはんをあげてしまったようです~~;

急いで引っ込めてきます~~;

お水とはったい粉、ゆで卵をつぶした物をあげました。
桃ちゃん用のミルワームは、缶詰の物なので
食べてくれません~~;

親鳥に返す事を、頑張ってみます。
親を盛んに呼んで鳴いていますから。。。。

取り急ぎご報告です。

本当に有難うございますm(__)m

Unknown

おはようございます
元気な様子で本当に良かったです
元気に大きな声が出ていれば、親がきっと気づいてくれるでしょう
雨降りでなければ良いですね~
親は、数日間は、ヒナを覚えていますので
今日がダメでも明日また、親にもどす挑戦をしてみてくださいね
虫を捕えて食べさせてあげるのもOKです
たいへんとは思いますけれど、小さな命が野生で生きてゆけるように、頑張ってみてあげてください
よろしくお願いいたします
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

キーワードで記事を検索