たみ丸手作リスト:玩具ミシンを使ってみた^^b

 

玩具ミシンを使ってみた^^b

玩具ミシンを使ってみた^^b

今日は、巷で通販とかで安く売られてる、俗に言う玩具ミシンを使ってみた

100聞は一見にしかず、と言いますから。。。。
動画で、アップしてみました

長いですので、お時間のある時にご覧下さい



        お粗末でした
関連記事

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

yuz様

ご丁寧な返信を有難うございます^^

早寝早起きなもので、お返事遅くなりました~~;
おまけに打つのが超スローですので、返事をお返しするのも、なかなかなもので。。。。

ズボンの直し。。。
> 仕上がりを見てビックリ、なんとメチャメチャに縫うものだなと思いました。
> あれで良かったのですねぇ。
   ↑ いえいえ、あれでは本当は駄目ですよ~
本当のお直しは、かけつぎと言う方法で、直すのが一番パーフェクトに近いと思います。
傷の跡形も無いように、傷や穴の部分を友糸を使用して元のように織りなおす方法です^^

私には出来ない職人さんの熟練した技でのお直しです^^
『かけつぎ』とか『かけはぎ』とかで検索されたら詳しく画像等見ることが出来ると思いますよ^^

私のは日常着のまあ、どうでもいいお洋服の場合で
スーツやよそ行き着などは、あれでは、具合が悪いと思いますよ^^


> 小学生の頃に裁縫の授業で手縫いを覚えた後は、けっこう得意になって釣竿の袋を作ったりしました。
> ミシンと言えば我が家には足踏みミシンがあり、イタズラで遊んでいましたので多少の事は覚えています。

    ↑ すごく器用なのですね^^/

足踏みミシンは、最高に良いですよ^^電気無くても縫えますから。。。。
あれにモーターを付けたら、もっと楽に使えるようになります^^

> ボビンケース、これはカブトムシの小さな角のようなものがありましたね。
> レバーを引くとボビンが落ちなくなり、ミシンにセットしたと記憶しています。
> 薄い金属片が付いていて、そこから糸を繰り出すのかな?
> 金属片にある小さなネジでテンションを調整していたような・・・
> たみまるさんのお話を聞いているうちに、いろいろな事を思い出しました

    ↑ そうです^^ よく覚えていらっしゃる^^♪
>
> 昔は今と違い何でも頑丈に出来ていましたし、当時のミシンを残してあればオモチャを買う必要もなかったのですが。

     ↑ 本当にそうですね^^
    

> やはり機械物は使わずにいると具合が悪くなりますし、洋裁が仕事でなければ邪魔になる感じでした。
> 母は着物を縫えましたがミシンは扱えず、僕の姉が義理で買ったミシン。
> その後に、今は亡き妻が裁縫など出来もしないのに持ってきた電動のミシン。
> 今にして思えば、捨てなければ良かったと悔いています。

     ↑ 本当に。。。。 直りますしね^^


> ところで、僕の事をお気にかけて頂きまして恐縮です。

  ↑ いえ、とても印象深かったものですから。。。。

> まして、暖かいお気遣いをありがとうございます。
> もっと早くにご挨拶をと思っておりましたが・・・
> 気まま暮らしが身についておりまして、ご無礼をいたしました。

    ↑ とんでもありません~~;
>
> パソコンの事は古い知識で、ゲチェナさんの足元にも及びません。

     ↑ いえ、ゲチェナさんとて、一目置かれていらっしゃいますよ^^

> なにしろ、僕はスマホも持っていないくらいですから。

     ↑ 私も同じです^^ 毎月の費用やはりお高いですしね~~;
>
> 今後とも、よろしくお願いいたします。

     ↑ こちらこそ、よろしくお願いいたします^^

こんばんは

さっそくお返事をありがとうございます。
詳しくお教え頂きましたので、良く分かりました。

縫い目の仕上がりには、ミシンの個性、布地と糸が関係すると理解しました。
異なる織り方や厚みの布地を組み合わせる場合には、難しくなりそうですね。
表側が綺麗に仕上がり、強度と耐久性を満足するなら、裏側はそれなりになる必然というか。
何か特定のパターンがありそうで、そこが調整の妙でしょうか。

切り裂けの補修の動画、なるほどと納得しました。
中学生の頃に、買ったばかりのズボンを切ってしまい直しに出しました。
仕上がりを見てビックリ、なんとメチャメチャに縫うものだなと思いました。
あれで良かったのですねぇ。
どのように縫うのか、この動画を見るまでは知りませんでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕が針を持つのは数年に一度、ボタン付けや繕いを手縫いをする程度です。
ましてミシンを使う機会はほとんどありませんし、これまでズボンの裾上げを数回した程度です。
小学生の頃に裁縫の授業で手縫いを覚えた後は、けっこう得意になって釣竿の袋を作ったりしました。
ミシンと言えば我が家には足踏みミシンがあり、イタズラで遊んでいましたので多少の事は覚えています。

ボビンケース、これはカブトムシの小さな角のようなものがありましたね。
レバーを引くとボビンが落ちなくなり、ミシンにセットしたと記憶しています。
薄い金属片が付いていて、そこから糸を繰り出すのかな?
金属片にある小さなネジでテンションを調整していたような・・・
たみまるさんのお話を聞いているうちに、いろいろな事を思い出しました。

昔は今と違い何でも頑丈に出来ていましたし、当時のミシンを残してあればオモチャを買う必要もなかったのですが。
やはり機械物は使わずにいると具合が悪くなりますし、洋裁が仕事でなければ邪魔になる感じでした。
母は着物を縫えましたがミシンは扱えず、僕の姉が義理で買ったミシン。
その後に、今は亡き妻が裁縫など出来もしないのに持ってきた電動のミシン。
今にして思えば、捨てなければ良かったと悔いています。
もっとも、僕には洋裁が出来るとは思えませんが。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ところで、僕の事をお気にかけて頂きまして恐縮です。
まして、暖かいお気遣いをありがとうございます。
もっと早くにご挨拶をと思っておりましたが・・・
気まま暮らしが身についておりまして、ご無礼をいたしました。

パソコンの事は古い知識で、ゲチェナさんの足元にも及びません。
なにしろ、僕はスマホも持っていないくらいですから。

今後とも、よろしくお願いいたします。

yuz様

初めまして^^/

ゲチェナ様からのリンクからのご訪問なのですか^^
有難うございます^^/

私もゲチェナ様にコメントされていらしたyuz様のこと覚えていますよ^^

達人を上回るほどのパソコン達人でいらっしゃる方だと思ってとても気になっていました^^
コメント下さるなんて予想もしていませんでしたから、驚きました^^

ご縁があって嬉しく思います^^/

さて、本題ですが。。。。

yuz様のおっしゃるとおり、888888のような感じで、上下の縫い目が同じになるはずですが、
実際はミシンの個体的にも違いがあるのと、縫う生地によっても見た感じが違ってきます。

機種によって、裏表のどちらかが斜めに縫えている様に見える物もあります。

ミシンの縫い目は上糸と下糸が生地の厚みの間で交わっていますから、
生地が薄いと絡んだ部分が収まらず偏ってまっすぐに見えにくいかと思います^^

あと、目の粗い生地(帆布など)は縫う方向にも寄りますが、針目が斜めになったりします。

一般的には最近の家庭用ミシンはジグザグも模様縫いも出来る仕様になっているので、
昔の直進専用ミシンに比べると針棒のぶれ等もあるのかもしれませんね^^”

ミシンの押えも直進専用のは針が落ちる部分の穴が小さいのも綺麗に縫える一因のようですよ^^

あと、針の影響も若干あるかもしれません。
家庭用のミシンの針は工業用ミシンの針より折れやすくなっていますし。。。

傷の補修に実演で使ったミシンは直進専用の職業用ミシンですが、
昔の家庭用ミシンは、このくらいの馬力がありましたね^^

安い玩具ミシン買うのなら、整備された昔の電動ミシンを私なら買うかな^^

いや、ジャンクの昔ミシンを買って自分でモーターを付けて整備して使うと思います^^

ただ、その頑強なミシンも、裏返してみると、一部、静音のために敢えてプラスチックのギアーが
使われていて、それがひびが入ってたりするとアウトな場合(部品が無い場合)もありますので、
難しい面もあったりしますが。。。

上糸と下糸の調子の取り方は。。。。

ボビンケースを使うタイプのミシンの方が自由が利きます

ボビンケースにボビンを入れて、糸をきちんと板バネに挟んで出し、糸を持って
少し振ったらそのボビンケースがゆっくり落ちるかなと言うくらいにバネの所のネジで
調節してミシンにSETし、それから上糸の調整を縫いながら調整します。

それが面倒なら、自動糸調子機能の付いたコンピューターミシンを使うのが
簡単かも。。。。
糸さえきちんと通しておけば勝手にミシンが上下の糸のバランスをとってくれますから。。。

このスペースでは私のこの説明では、理解が難しいかもしれませんね?
yuz様ほど説明が上手ではないですので。。。。

まっ、言える事は、この玩具ミシンでは、縫い物は難しいかなと。。。。
実を言えば、このミシンも驚くことに修理に持って来られた物でして、
修理代の方がミシン代より高くなるので、持ち主に廃棄されました^^”

お安いミシンを買われる方は結局また、同じ様な不自由なお安いミシンを買われ
またすぐに壊れてを延々と繰り返されミシンの良さを知らないまま終わる

逆にそこそこのミシンを使われている方は20年とか、結構楽しんで使われていらっしゃる
どっちが得でしょう?

また、疑問あればお気軽にお尋ねくださいね^^
有難うございました^^v




このミシンダメですか

こんにちは。
初めまして、ゲチェナさんのリンクから来ました。
時々、記事を見ていましたが、このミシンと同型を持っていましたのでコメントです。
それと、教えて頂きたい事もあるのですが・・・

僕の持っていたミシンは白色で、替え糸などの小物と日本語の説明書が付いていました。
数年前に近所のホームセンターで、千数百円くらいで買いました。
似たような機種で値段の高い方は、返し縫いのスイッチがありました。
が、とりあえず布地の方向を変えれば良いのかと思い、安い方のミシンを買う事になりました。
作業ズボンの縫い目がほつれたので、急場しのぎにと思いましたので。
それでも何とか、見られたものではないですが縫う事が出来ました。

直しに出して数千円かかるなら、安いミシンを買った方が得かなと思ったものでして。
なにしろ、ミシンがあれば何度でも使えると考えていましたから。
しかし、その後は何に使う事も無く、つい二月ほど前、知人にあげてしまいました。
やはり返し縫いがないと不便ですし、いつかマトモなミシンを買うつもりでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ミシンの知識も技術もありませんが、このようないきさつでミシンを使いました。
そして以前から分からない事があり、詳しい人に教えて欲しかった事があります。
それは縫い目の表裏の事で、普通の縫い方と言うか、ミシンの縫い目は表裏の違いがあるのでしょうか?
上下の糸の調整とかあるようですが、そのあたりの事が良く分からないのです。
888888のような感じで、上下の縫い目が同じになるのかと思っているのですけど。
そうではないのでしょうか?

突然このような事をお尋ねして恐縮ですが、お教え願えませんでしょうか。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

キーワードで記事を検索