たみ丸手作リスト:特注和装帯ポーチの製作♪(1)

 

特注和装帯ポーチの製作♪(1)

特注和装帯ポーチの製作♪(1)

お断りしたはずが、またお客様に押し切られて、結局作る羽目になってしまった
『特注ウエストポーチ』
製作状況を、アップしてみることにした
1613    ポーチ製作
①まずは、見本を参考にして製図する        ②製作工程を分析し、製作手順をまとめて
ポーチ製作 (3)    ポーチ製作 (4)
③プリントアウトする              ④小物の場合,厚紙で型紙を作っておく
064    ポーチ製作 (5)
⑤表生地に、それぞれパーツの印つけをして。。。。
065

⑥裏地に芯を張った表布を重ね、印より若干内側を、ミシンで縫い止めてから、裁断する
  小さいパーツは重ねてくっつけておいてから裁断した方が、早くて綺麗だからね^^b
ポーチ製作 (7)
⑦外布ポケットは、裏地とアクセント用のロゴ入り帯生地の上部を中表にして、縫い合わせる
 ロゴの文字位置がちゃんと中央に来るように。。。。’(だから、捨てる部分が出来る)
-12.jpg
⑧表に返し、芯を貼った表布をはさんで、上部をステッチでおさえる。
 中央部には、アクセントとして、パイピングテープをはさんで、ステッチをかける
 上部を除いた周囲をステッチで押える
-13.jpg -15.jpg
⑨中布(表布と芯布と裏布を合わせた物)に、芯を貼って上部をステッチで整えた内ポケットを
 縫い付けているところ。。。

ポーチ製作 (16)ポーチ製作 (33)

⑩内ポケットの底部分を、縫い付けていたら、針、立て続けに2本、折っちゃった

ポーチ製作 (29)ポーチ製作 (30)

⑪生地が硬くてというよりは、刺さった時に針がしなって、針板に当たった為折れたんで、
 針はもちろん、針板も針穴の大きいのに交換することにしたよ

 折れた針、先端は小さくて見つからなかったので、万が一、体に刺さっていたとしたら、
  どんどん、中へ中へ、体の中を縫って心臓に向かって入って行って、心臓に刺さるから、
  そしたら、命の危機も。。。。
 まっ、そしたら、自分の寿命と思うことにしよう

ポーチ製作 (36)ポーチ製作 (37)

⑫右のが、針が下りる所の穴が大きいでしょ?これだと針が当たり難い
 
  針板も左の様に目盛り付きのとか、滑り易い様にテフロン加工された物とか、針穴サイズも  
  色々あるから。。。。
  (薄い生地の場合は、針穴の大きいのは、目飛びしやすいので、使いません)

ポーチ製作 (17)

⑬袋布本体内ポケット側、ちょっと薄かった為、もう1枚生地を重ねることに。。。

ポーチ製作 (18)ポーチ製作 (21)

 ⑭ 裏布を付けた袋布本体の反対側も、マジックテープを縫い付けてマチを縫う
     外布の内側にもマジックテープを縫い付けて、⑧の外ポケットを縫い合わせる
  はみ出た帯布はカットしておく

-----------------------------------------------------------------------------
     

 編集長引いて、腹ペコになったので、お食事に。。。。
     小物の製作記事なのに、かなり、時間かかってます

                                                                           つづく

関連記事

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

yuz様

度々のステキなコメント有難うございます^^

確かに最近はこのコメント欄をyuz様が素晴らしいコメントで占拠されていまして、
そういう意味では、圧倒されて、他のお友達も遠慮されている感もあります~~;

タグ関連の話は、yuz様の掲示板の方に、私が寄せて頂いたほうがyuz様のおっしゃられる通り、
いいのかもしれません^^

そうしたら、こちらも遠慮なく書けるし、他のお友達もこちらに足跡を残しやすいかもしれませんね?

優しいご配慮有難うございます^^/

今日、なぜかこちらの管理ページに入れなくなって、記事をかけない状態になってしまって
修復にお時間がかかりそうです。・゚・(>д<)・゚・。

直ったら記事を入れたいと思います^^

アップできたら、是非お越しくださいね^^/

こちらこそ感謝、よろしくお願いします

ます、画像の隙間が、正しく直りましたね。
細々とした修正、お疲れさまでした。

さて、『みんな違ってみんないい♪』ですか、知りませんがタイトルでなんとなく分かる気がします。
ネットであちこち見て回ると、本当に皆さんそれぞれで、凄い人ばかりだと感心しています。
世の中には、想像もしなかったような素晴らしい人がたくさん。
何か僕とは別世界の人のような、そして自分がいかに小さいのか実感します。
まぁ、この話は終わりとして・・・

ロープで頂上に引き揚げるのですか、なかなか難儀な大仕事になりそうです。
しかも、このロープが細くて、少々ほつれた部分があったりします。
そろりそろりと引かないと、プツンと切れて・・・
ロープが切れた弾みに、僕が頂上から反対側の谷底に?
まぁ大丈夫でしょう、・・・ 思います。

あと、このところ僕ばかりタグのコメント書いています。
たみ丸さんの以前からのお友達がコメントしずらいと思いますが、ご迷惑をおかけいたしました。
以降タグやらの話しは、掲示板の方に書きますので・・・

yuz様

ち~とも怒ってなんかいませんよ~^^

色々、為を思って意見を言って下さる方があると言うことは本当に有難い事だと思います。

お忙しい中、インターネットの事も詳しく教えて頂いて感謝しています^^

人脈と言う物は、宝物ですから。。。。

インターネットのお陰で、いろんな方と知り合えていろんなことを教わることが出来て、
世界が変わりました^^

『みんな違ってみんないい♪』って言う歌、ご存知でしょうか?
スマップの『世界にひとつだけの花』
詩がいいですね~

私の周り、リンクさせて頂いている方達、それぞれ、みんな違って、
みんな私には無い、素晴らしい才能をお持ちの方達です^^

みんな違ってみんないい。。。。本当にその通りです

わたしは、熱しやすく、冷めやすいので、ホームページもかじってはみましたが
所詮、素人の悪あがき状態で、中途半端なままギブアップしております(*´ー`)ゞ

人間、難しい、解らない、こりゃ無理。。からは逃避しちゃいますから。。。。

最近、yuz様、ゲチェナ様と言った心強い味方が増えて、山の頂上からロープで引き上げようと
して下さっているので、少しづつ、上に進み始めたように思います^^

有難いことです^^

これからもどうかよろしくお願い致します^^/

画像の隙間、直しました^^v

たいへん失礼いたしました

たみ丸さんのお仕事に、要らぬ口出しをするつもりではなかったのですが。
僕は何事にも、基本的にあのような考えを持っているという事でして。
お気を悪くなされませんよう、あらためてお願いしたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今更ですが、たみ丸さんのブログを初めて見た時に、とても素晴らしいと感じました。
僕は不器用で物作りが不得手ですから、とても羨ましく思いました。
やはり一芸に秀でている人に、魅力を感じるのですね。

そして僕にとって、ずっと不思議な存在であったミシンの謎が解けたり。
これは、とても良かったです。

まだ全部を見ていませんが、ホームページ作りにも挑戦されたようですね。
それならばと思いまして、一昨日からHTMLの話を書き始めました。
ごく最初の導入部分しか解説できませんが、HTMLとCSSの概要を掲示板に書きます。
せいぜい数ページ分ですが、ブログを使いこなす上で重要な点を挙げますので、是非ご覧ください。
少しずつ書いていますので、一気にとはまいりませんが・・・

ところで、この記事の画像の隙間ですが。
まだ直っていないようですけど、違いますか?

それと、行間の件はHTMLの話しに絡めて、なんとか解決を図りましょう。

yuz様

大変親身なコメント有難うございます^^

怒る等、とんでもないことです^^

几帳面なyuz様のアドバイス確かにその通りです^^

肝に銘じておきます^^v

縫製工場で、仕様書に沿って何百何千とまとまって製造するのと違って
小ロットの場合は、当然、1個あたりの価格は高くなるのは必須。。。。

工場さんでも、サンプル縫製として数えるほどの数しか製造しない場合は
大量生産の場合の10倍くらいの縫製賃金を請求すると思います。

それくらいの手間がかかるからです。

一般の方はそのことをご存知ないですけどね(。´・_・`。)



こうして作るのですか

手順書を作成するのですか、それなら作業を間違えませんね。
その際に、各作業項目に余白を付けて、作業結果を記入すると良いと思います。
単なるOKではなく、その工程で気になった点や、改善点、もちろん失敗した事など。

それらを毎回保存して、作業と作業ポイントを関連付けるようにデータ化すれば凄いです。
いわゆるデータベースになりますから、毎回の苦労が後に役立つ事になります。

作業者が同じ人でも、その度に異なる作業方法では品質が安定しません。
いつでも作業方法を同じにすれば、問題の原因がつかみやすくなります。

また、品質は仕上がりだけではありません、作業時間も品質の一つです。
作業時間が長くなれば、コストが上がってしまいます。
そのコストの上昇分を誰が負うか、自分が負うなら稼ぎが減ります。
顧客が負うなら顧客の損になり、顧客満足度が下がります。

・・・と、 大そうな事を、僕が偉そうに上から目線で言うわけです。
怒っちゃいけませんよ!

お詫びに、掲示板に画像の事を書いておきましたので、ご覧ください。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

キーワードで記事を検索