たみ丸手作リスト:のど赤きつばくらめふたつはりにゐて 垂乳根の母は死にたまふなり

 

のど赤きつばくらめふたつはりにゐて 垂乳根の母は死にたまふなり

のど赤きつばくらめふたつはりにゐて 垂乳根の母は死にたまふなり

斉藤茂吉の短歌を、ブロ友の 『大家様』  が、書かれていて
『のど赤きつばくらめふたつはりにゐて 垂乳根の母は死にたまふなり』

気になったので、またまた、知恵袋で調べてみると。。。。

「母危篤」の電報で東京から東北の実家に帰った折の作。
母に会い間もなく息を引き取った直後の作者の深い寂しさを こらえ玄関に出ようとすると、
ふと見上げた軒の梁に燕の巣が在り、そこから二つの燕が居て喉の赤い「命の象徴」が見える。
母は死んでしまった悲しさ。
一方卵から孵った新しい命。その二つを詠んで読者にその場に流れる異次元の世界を感じさせる
優れた作品です。


とあった。
つばくらめって言うのは。。。。。ツバメのことらしい

OH!
聞こえる~~~!!!
窓の外から。。。。 聞こえてくるよ~~~
ツバメの ジュピジュピSONG が !!!!
 こうはしとれん!!! 見に行こう!!!
関連記事

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

大家様

毎日のツバメ観察、ご苦労様です(^_-)-☆

一時は気をもみましたが今年も無事に卵が産まれて本当に良かったですヾ(*'∀`*)ノ♡*

これからまたいろんなドラマが始まるのですね^^
楽しみです♪

無事の巣立ちを見守りたいです(^_-)-☆

NoTitle

おおお、ご紹介いただいて、ありがとうございます
短歌のご説明も丁寧にありがとうございました
ツバメさんたちの元気な歌声には、元気をもらえますね
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

キーワードで記事を検索