たみ丸手作リスト:おたまじゃくし 忌中です

 

おたまじゃくし 忌中です

おたまじゃくし 忌中です

昨日までのおたまじゃくし ← こうでした

そうして、今朝は、早朝、真っ先に向かったのは、この子たちの元。。。。
『もう、スイ君(カエル顔のオタマジャクシを勝手に命名した)は、カエルになってしまって
居なくなってるかなあ 』
淋しいような、ワクワクする様な複雑な心境で、外の容器を覗き込んで驚いてしまった
昨日、あれだけ元気にカエル泳ぎしていたスイ君が、浮くでなく沈むでなく、力無くじっと水中に。。。
あ。。。。
まさか、死んでるのか。。。。
うう。。。。
やっぱり、死んじゃってる

手ですくい上げて、石の上に乗せてあげた
おたまじゃくし (8)

何がいけなかったんだろう
昨日、念入りに容器の中を綺麗に洗って、水道水をたっぷり入れちゃったのが
いけなかったのだろうか。。。。。
それぐらいしか思い当たることが無いから。。。。
もう1匹のチビの方は元気の様で、それだけが救いだよ
おたまじゃくし (9) おたまじゃくしチビ

今朝、スイ君のお墓を作ってあげたよ
スイ君 スイ君 (2)
仕事から帰って、チビが無事かどうか心配だったけれど、何とか無事でいてくれたようだ
残ったチビには、カエルになって巣立って行って欲しいな
そう思うよ
関連記事

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

yuz様 有難うございます^^

こんにちは

アドバイスいつも有難うございます(*^o^*)

カルキ抜き、やっぱり必要なのかもしれないですね
どうも。。。。 昔っから、色々と生き物飼ってきましたが、
水を介する生き物は、飼育が難しいですね

お祭りの屋台の金魚なんて、すぐに死んでしまったですし。。。。
チビは、今朝も元気でいてくれました^^
なんとか無事にカエルになって自然に帰って行って欲しいです

ハイポ

原因がどうなのか、もちろん分かりませんが・・・
もし水道水を疑うなら、中和を考えなければなりませんね。
ずっと昔はハイポをいう物を使って、水道水のカルキ抜きをしていました。
今の時代は、たぶんもっと良いものがあると思います。

僕が熱帯魚を飼っていた頃は、ハイポではなく他の物を使いました。
何であったかは忘れてしまいましたが、その薬を入れて一晩置けば良かったと思います。

なお、僕がハイポを知っているのは、写真の現像処理に使ったからです。
熱帯魚飼育はずっと後の事なので、水処理にハイポを使った経験はありません。

それにしても、チョッと残念な事になりましたね。
でも、まだ生存している個体もあるそうなので大事されるよう。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

キーワードで記事を検索