たみ丸手作リスト:動物たちの悲劇

 

動物たちの悲劇

動物たちの悲劇

子供の頃に老犬のスピッツを飼ってて、私になついていた^^
そのスピッツはミミという名前で、家の真裏で、犬捕りさんに捕えられて、連れて行かれそうになった
それを目の当たりにした私は大急ぎで母に知らせに走り、母が、間一髪のところを
職員さんにいくらかお金を渡して、返してもらったのです。

あの時、私が目撃してなかったら、ミミが帰って来ないけど、どうしちゃったんだろうって思いながら
待ってて、そのうちに次第に忘れてしまったかもしれない。

それからずっと後で、数日帰ってこないことがあって、その時には、事故に逢って倒れていたのを
近所の人が知らせてくれて、迎えに行ったら、眉間に穴が開いて瀕死の状態で。。。。
それでも寿命があったのでしょう
しばらく養生して、奇跡的に元気になってくれたものでした。

昔は、野犬がいるのも普通で、犬捕りさんも時折回って来ていました。
捕られていくのは犬だけで猫は捕らなかったので犬捕りさんと言ってました。
今は野良猫はたまに見かけるけど、野良犬は全然近辺にはいないし、犬捕りさんも見た事ないです
だから、もう、すっかり忘れていました。
処分される犬や猫が未だにいるってことを。。。。

亭主によく言うんです。
最近、野良犬とか全然おらんなあって。。。。
そうしたら、きまって亭主は
『ほら、おまえ、中国人が捕まえて、かたっぱしから剥いて食うけんじょ。海に、よお犬の骨とか
ほおってあるらしいぞ』って言うんだよね
確かに中国人は犬でも鳩でも食べる習慣が今もあるみたいだけれど、まさかこの日本に来て
それやってるとも信じ難いしね
見た訳でないから。。。。
 
でも、毎年、大量の犬猫達が処分されてるらしいのだ。
どうして?
いらなくなったと言う理由で連れてくる飼い主の持ち込み。。。。
捕えられて連れて来られる迷い犬猫で飼い主のお迎えが無い犬猫達。。。。
ブリーダーの崩壊や過度な繁殖によるお金にならない不要犬猫の廃棄

みんな人間たちの都合
下のリンクをご覧ください。

①殺処分される子達

②殺処分を考え戦われている ヲレンジさんのツイート

③動物実験の無益さを社会に問いかけた犬の物語

④他に類を見ない殺処分法 @徳島県動物愛護管理センター

挙げていればきりがないほどの、酷い状況。。。。
そんな陰で、大勢のボランティアさんが身を粉にして頑張っていらっしゃる
私には、保護の情報を、ポツン、ポツンとリツイートするしか出来ないけれど、
やってもやっても、きりが無く、TLで保護の情報、殺処分期限近い子達の情報は流れてくる
次第に腹立たしくなってくる
持ち込み?なあに?それ?
自分ちの犬や猫を、殺してくださいって連れて行くの?
ああ、酷いなあ~
何もかもが酷すぎる。。。。。
関連記事

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

にゃんこちゃん お久しぶりです(*^o^*)

> 迷い犬猫は、愛護センターに連れて行くのが 一番って思ってる人 多いと思います。
> 本当に「愛護」してくれると思ってるみたいです。
   ↑
その施設の内部の人々によって対応がかなり違うみたいですが、
施設の収容限界と言う物もあって、それを超えてしまうと、ガス室で殺処分されてしまいますね
愛護施設という名称で錯覚してしまいますよね~
1匹あたりの処分費用78円ですって。。。

注射による安楽死だとお金がかかりすぎるので、ガス室で大量詰め込み処分をされる
注射だって安楽死というわけではないと思いますけれど
ガスは、苦しんで死んでいくらしくて、その上、小さな子達は呼吸が浅くガスで死にきれず
生きたまま焼却されるとか。。。。
もう。。。。地獄絵図のようです。

にゃんこちゃんが 猫を拾ったこと、よおく覚えていますよ^^
さくらちゃんが小さい頃で、大変だったですよね?
すでに、保護した猫ちゃんを2匹も飼ってたでしょう?
ほんとうによく、お世話をされましたね~(*^o^*)

> 迷い犬猫を 本当に保護し 新しい飼い主さんを見つけてくれる人たちがいることも その時知りました。
> 愛護センターに連れて行っちゃダメってこと、みんなに知ってもらいたいです。
   ↑
やはり、飼った生き物は捨てずに生涯飼ってあげる
やむなく飼い主の病気であったり何らかの理由で飼えなくなる場合でも、里親さんを見つける
去勢するのも、責任。。。。
無責任な飼い主の後始末をボランティアさんが必死でやられてる
保健所から引き出して預かったり里親探し、里親の見つかった場合でも里親さんの見極めや遠方の場合
その子達の運搬とかもされたり。。。
命の期限とにらめっこしては少しでもたくさんの人の目に留まる様に
写真や動画を撮ってツイッターやfacebookで呼びかけ、里親さんが現れたと言えば喜び
今日も救えなかった子がありましたけれど、そんな時には心を痛め。。。。
涙ぐましい日々を送られています。

私はボランティアには参加できないのでせめて最近リツイートをして少しは
協力するようにしています。
とても微力ですが。。。。

この記事内のヲレンジさんのリンクはとても、素晴らしい情報をツイートされていらっしゃるので
お暇な時に、見てあげてRTしてあげてくださいね~(*^o^*)
でも。。。。
にゃんこちゃんは、子供さん、まだお小さいから忙しくて難しそうですね~~~;

NoTitle

迷い犬猫は、愛護センターに連れて行くのが 一番って思ってる人 多いと思います。
本当に「愛護」してくれると思ってるみたいです。
2年前 猫を拾った時に 知りました。
迷い犬猫を 本当に保護し 新しい飼い主さんを見つけてくれる人たちがいることも その時知りました。
愛護センターに連れて行っちゃダメってこと、みんなに知ってもらいたいです。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

キーワードで記事を検索